トウモロコシから見えてくる実態

普段食べているものを
さらに考えるようになった。
 
 
牛を育てるのにトウモロコシや穀物を
大量に消費することは知っている。
 
 
牛を食肉にする為に、食肉用に穀物を
大量に生産する。
 
 
 
それをやめれば、水も大量に使うことはない。
そんな感じで、浅く考えてました。
 
 

だけど、結構現実は深刻。

牛は、元々でんぷんを多く含む穀物を食べて成長する生き物ではない。4ヶ月くらいまでは食べ続けても問題はないんだとか。
 
 

だけど、それ以上食べ続けてしまうと胃に潰瘍ができでしまう。
 
 
 
 

胃の酸が強くなりすぎてしまいアシドーシスを発症しちゃうんだとか。そうなりにくくする為に餌に抗生物質を加えているみたい。
 
 

アメリカでは、70%の抗生物質が家畜用らしい。
 
 
 

でもこれは、2008年くらいの話だから、もっと現状は
悪化してるかもしれない。
 
 
 

元々牧草で育つ牛がコーンで育つとどうなるか。
 
 
 

数年かけて大きくなる体をコーンで育つ牛はもっと数ヶ月で大きくなる。
鶏だと、3ヶ月で大きくなるのがわずか49日。
これって、おかしくないかなぁ。

 
人間で例えて考えると異常さが
伝わると思う。
 
 
 

さらに、広いところで育てると、運動量が多くなるので
狭く、動けないようなところで育てて
 
 
 
食べて、寝て、食べての繰り返しで、すぐに脂肪がつくように
している。
 
 
 
もはや牛を育てるというより、肉を育てるって考えになってるんだね。
 

コーンを食べて育った牛の肉をTボーンステーキにすると
トランス脂肪酸が9g。
牧草を食べて育った牛の肉だと1,3g。
 

明らかにおかしい。
 
 

コーンは安価だから、食品の原料にすれば原価も下げられる。
だから、消費者にも安く提供できる。
 
 

このサイクルが決して良いとは言えないですね。
 
 
昔のコーンは、タンパク質が豊富な食品だったのに対し
今のコーンは、デンプンばかり。
 
 

こうやって品種改良されたコーンは、小さい土地でも沢山育つようになっている。
 
 
加工しないと美味しく食べられないものになっているんだって。
 
 
利益、安く買えるということを追求したために農業が、工業化しているのがとっても悲しい。
 
 
食べ物って、体を作るのに
 
 

これだと、ただおなかを満たすだけに食べ物がなってる。
 
 

よく考えてもらいたい。
 
 

今、その手に取った食材が体を作る
 
 
 

手伝いをしてくれるものなのか。
 

ただ、おなかを満たすだけのものなのか。

そして、昔ながらの農法で頑張っている農家さんが
いることに感謝しました。

キング・コーンって、映画を観て改めて色んなこと思いました^^

是非観てください☆

広告
カテゴリー: 映画 タグ: , パーマリンク

トウモロコシから見えてくる実態 への2件のフィードバック

  1. とも より:

    初めまして。
    突然ですが、私もこういうことよく考えるんです!
    けど、周りに話しても、それがどうした、そんなことを言っても世の中がそうなっているから関係ない人間が何か言っても仕方ない、という反応で。

    話は違うのですが、こんなことも考えます。
    うちの近所では昔はレンゲ農法をやっている田んぼがほとんど全部だったのに、今は全くないんです。
    レンゲは豆科の植物だから根っこに米に良い肥料を蓄えるので、レンゲが使われていたのだと思います。
    代わりに今は化学肥料。
    キャベツ畑のモンシロチョウも減りました。
    きっと農薬のせいでしょう。
    家庭菜園をされているところのほうが、青虫がゴロゴロいるそうです。
    農地も、既にかなり転売されてしまい、今や住宅地や賃貸マンションとなってしまいました。
    農業をするよりも、いかにカネにするか、ということだけが重要なのかもしれません。
    お金も大切ですが、それよりも大切なものがあるのではないか?というストレート球をぶつけても、
    今の拝金主義の風潮の上にはお金以上に大切なものを見出しにくくなっているのは、事実かもしれません。

    人は、食べ物を食べないと生きていけないのに、食べ物のことを軽んじている傾向が、ずっとありますよね。。
    悲しいです。
    自分で何かアクションを起こしたいと思っても、地産地消を心がけるとかそういったことくらいしかなく、とても大きなことをする力など無く…。
    昔ながらの農法で頑張っていらっしゃる農家の方、いらっしゃるんですね・・・!

    私と同じような考えに出会い、思わずコメントしました。
    ryoyaさんのブログからたどり着きました。
    長々とすみません。
    そしてありがとうございます。

    • ayano1018 より:

      ともさん、初めまして。コメントありがとうございます。
      トウモロコシの映画をみて、消費者がもっと真実を知るべきであって
      意識も高めないといけないなぁ〜と思いました。

      ともさんのように、私も地産地消、有機野菜などを中心に
      お野菜は買ってます(^^)それが、行動派小さいかも
      しれないけど、ベストな行動なのかなと思います☆

      環境を大きくストレートに変えるって、体力も忍耐力も
      覚悟しないとできなさそうですよね。

      私はこの前、野菜を扱っている人とお話をしたのですが
      無農薬野菜より、農薬野菜の方が栄養価が高いというデータが
      あったから農薬使っている野菜をつかっています、って
      お話でした。

      一人一人がなにを心がけてるか、何を野菜に求めるかで
      買う目的が大きく変わってしまうのかと知るこたができたかな。。

      もっと有機酸物、自然栽培の奥深さなど
      多くの方に知ってもらいたいなと心から思いました。

      またいつでもコメントして来てください(^^)
      ありがとうございました☆

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中